通販の水と有害物質

ホームへ戻る >  販売水のウォーターサーバーを比較  > 通販の水と有害物質

水道というのは河川から引き入れて処理されたものが供給されています。ですから、そこには有害物質がまだ除去されずに残留していることもあるのです。もちろん摂取した人の身体に問題がないように検査をパスしたものが各戸に供給されていますが、それでもずっと飲み続けていくことで蓄積されてしまうということも考えられます。そこで、通販で天然水を買ったほうが安心して飲んでいくことができると考える人も多くいるのです。

通販のものではない、蛇口から出てくる水に含まれている有害物質には、塩素による消毒の残留物があります。トリハロメタンと呼ばれる物質で、残留塩素とアンモニア性窒素やフミン質が反応して生成されます。この物質は発がん性があるとも言われているのです。そのほかにも、工場排水に含まれている有機溶剤が残留しているケースもあります。トリクロロエチレンなどがその代表的な例で、中枢神経にダメージを与える可能性のある物質となっています。


また、農薬が残留物質として含まれている可能性もあります。地下水などから混ざってしまうこともあるので注意しましょう。このように、蛇口から出てくるもののなかには、可能性としてはいろいろな残留物が含まれていることも考えられると言うわけです。含まれているのが少量であっても、毎日飲んでいくものなので、心配だという人は通販でおいしくて安全なものを購入していくのがいいでしょう。そのときには、成分や処理方法などもチェックして選んでいくことをオススメします。