一戸建てと階段について

ホームへ戻る >  インプラントの構造  > 一戸建てと階段について

最近の一戸建てでは開放感溢れる造りが人気を集めています。吹き抜けを設置する住宅も増えています。そんな間取り作りで重要な鍵を握るのが階段です。階段をどのような場所に、どのような形で設置するかで家の雰囲気が変わってくるのです。


とくに吹き抜けを設ける場合、階段がどのような向きで設置されているかが居住空間に大きな影響を及ぼします。日当たりのよい環境に設置しないとせっかくの開放感を十分に機能させることはできません。しかし一方で階段の日当たりにばかり意識を向けてしまうと他の部屋にしわ寄せが来ることになります。家全体のバランスを考えた上で判断する必要があるわけです。

また、階段に開放感をもたせればそれだけプライバシーの問題が生じてきます。たとえば玄関との位置関係。来客が玄関先にいるときに階段が見られてしまう、家の人が利用しているのが見られてしまうような環境はできるだけさけたいところ。また来客が階段を使用する際にリビングやキッチンが見えてしまうような環境もあまり望ましくないでしょう。


もうひとつ、使いやすさの問題もあります。階段のスペースをなるべく小さくするために螺旋階段にしたり、階段の勾配を急にする住宅もありますが、高齢者や子供がいる場合には危険が伴います。購入後に子供が生まれる場合、あるいは自身が年齢を重ねて高齢になった場合のことも念頭に入れた上で一戸建ての階段を検討する必要もあるのです。階段は上下階の連絡、ひいては家族同士のコミュニケーションにも関わってくる部分だけに、一戸建てを建てる際には必ずこだわりたいところです。