賃貸住宅の敷金トラブル

ホームへ戻る >  インプラントの構造  > 賃貸住宅の敷金トラブル

賃貸物件では入居する時に初期費用として敷金を徴収されます。敷金は本来、借主がその物件で生活する中で床や壁に傷をつけてしまった場合には、退去時に原状回復のための修繕費として敷金から費用が相殺されるという保証金の役割をしています。しかし最近では、敷金を取りすぎる賃貸物件も多いですし、退去時に敷金が全く返金されないケースも増えていて、敷金返還を巡るトラブルが急増しているようです。


こうしたトラブルを避ける為には、入居時にあらかじめ物件の状態を確認する事が大切です。入居した時にすでに床に大きな傷があったのに、退去する時になって修繕費用を請求されるのは納得できませんよね。入居時のチェックでそういった傷を指摘しなければ、退去時に請求されても反論できなくなってしまいます。入居する時には引越しなどで忙しく、物件のチェックなど面倒で後回しになったまま忘れてしまったりすると、退去する時にトラブルの原因にもなるので気をつけましょう。気になる部分などは、写真を撮っておくのも良い方法です。

賃貸物件を退去する時にはできるだけトラブルなく退去したいものです。しかし、不当にハウスクリーニング代を請求されたり、汚れていない壁紙の全取り替えにかかる費用を請求される事もたまにあるようです。不動産業者に掛け合って話し合う事で解決できる場合もありますし、解決できない場合や納得できない場合には消費者センターや公共施設の窓口などで相談するのも選択肢の一つです。