子犬のコーギーはユーモアたっぷり

ホームへ戻る >  インプラントの構造  > 子犬のコーギーはユーモアたっぷり

ピンと立った耳に短い足。コーギーウェルシュは頭のいい犬です。それだけに子犬のときからしっかりとしつけをしておくことで、飼い主との主従関係をはっきりとさせ、しっかりコントロールできるペットに育てましょう。


好奇心の旺盛なコーギーの子犬は、なんにでも興味を示します。食べてはいけないゴミや洗剤、おもちゃなどを飲み込んで誤飲につながることもありますから、危ないものはコーギーから届かない場所に保管して危険から守ってあげたいものです。

もともと牧羊犬として暮らしていた犬ですから、追いかけることが大好きです。習性なのかもしれません。街中でその習性を思い出してしまうと、自分を追い抜いた自転車やバイクをむやみに追いかけて事故を起こしてしまうこともありえます。上手にコントロールしてあげたいですね。ボール遊びやフリスビー遊びなら危険もなく楽しめるでしょう。ラグビー選手のように短い足ながら運動能力は抜群です。そうでなくちゃ羊や牛を追ったりできないですしね。


コーギーの特徴として、抜け毛が多いことがあげられます。特に、生えかわりの春と秋にはたっぷりと毛が抜けます。しっかりブラッシングしてあげましょう。


昔からの習慣で、尻尾を切る断尾が行なわれていますが、自然のままに尻尾付コーギーを育てる方も増えています。どちらにしても、愛嬌のある顔と、いたずら好きな活発なコーギー子犬が家庭にきたら、笑いが巻き起こるのは間違いなしですね。