インプラントの構造

ホームへ戻る > インプラントの構造

子犬のコーギーはユーモアたっぷり
注文住宅の土地探し
賃貸住宅の敷金トラブル
一戸建てと階段について
なぜウォーターサーバーがいるの?

インプラントは通常、フィクスチャーという歯根部分にあたるパーツと歯の部分にあたる上部構造体と、それら二つを繋ぐ役目のアバットメントといった三つの部分に分かれています。でもこれは手術方法が二回法の場合で、一回法の場合は、フィクスチャーとアバットメントが一体になったものを使います。現在行われているインプラント手術は二回法である場合が多く、それは二回法がどんな人にも対応できる手術法であるからです。ですので、多くの人は三つに分かれた構造を持っているインプラントを使用しているといっていいと思います。

フィクスチャー部分は顎の骨に埋め込まれる部分で、スクリュー型やシリンダー型などがあり、より骨との結合力をよくするためチタンかチタン合金のものを使う場合が多いです。アバットメントは支台部といってフィクスチャーに取り付けて上部の歯を支える役目のパーツですが、これの材質はチタン、チタン合金、セラミックなどがあります。上部構造という人口歯の部分は歯と同様に白い素材を使う場合が多く、メタルボンドやセラミックやオールセラミックといった種類があります。


よく治療費が気になる方がおられますが、これらをどう組み合わせるかでかかる費用が変わってきます。特に上部構造の人口歯は見えるわけですから、審美性に重点をおいて選ばれる方も少なくありません。あとは値段との折り合いになるので、医療費控除で戻ってくる金額を考えながら、無理のないよう選ばれるといいと思います。