注文住宅で3階建てを建てる

ホームへ戻る >  新築戸建てのメリットとデメリット  > 注文住宅で3階建てを建てる

3階建ての家を建てるケースが珍しくなくなっています。階がひとつ増える分、2階建に比べてスペースが多くなり、その間取りに余裕ができます。そのメリットを最大限に活かすことが重要になってきます。その意味でも、注文住宅は3階建てに適しているのです。


3階建てのメリットはスペースの確保以外にもいくつかあります。まず採光と通気性。とくに吹き抜けなど開放的な間取りにすれば家全体の風通しがよくなります。日当たりのよさを最大限に活かせる設計にすれば明るく心地よい空間にすることができますし、開放感がますます高まります。これは外観と合わせて注文住宅の設計時におけるポイントとなってくるでしょう。

また、二世帯で住む場合には1階と2階部分に別々に玄関口を設置することで最小限のスペースで二世帯住宅を実現できます。高齢の親と同居している場合には1階部分を親のスペースにし、2階から上を息子一家が使用するという形にすると理想的でしょう。息子が将来家庭を持って二世帯で住むことを念頭に入れたうえで設計を工夫する方法もあるでしょう。リフォームの余地なども検討しておくとよいかもしれません。


また、3階建ての場合は耐震性・耐火性が気になる人も多いでしょう。2階建てに比べてより厳しい基準が求められます。その意味でも事前に細かくチェックできる注文住宅は適しています。居住性と安全性の両方が求められる3階建ては注文住宅のメリットが最大限に活かせる選択肢といえるのかもしれません。