一戸建ての購入計画とゾーニング

ホームへ戻る >  新築戸建てのメリットとデメリット  > 一戸建ての購入計画とゾーニング

一戸建ての購入計画は慎重に練る必要があります。間取りには家族全員が快適に暮らせる空間、配置が求められるからです。明確をイメージをしっかりと持っていないと、物件探しの際にあれこれと悩むことになります。


そんなイメージ作りに役立つのがゾーニングです。ゾーニングとは住宅の内部をいくつかの範囲(ゾーン)に分割することです。居住空間をいくつかのゾーンに分けた上で間取りや環境を考えるのです。


一戸建て住宅では3種類にゾーニングするのが基本です。まずリビング、ダイニングのように家族全員が使用する「パブリックゾーン」。それから家族それぞれの個室が「プライベートゾーン」、それからキッチンやバス、トイレなど日常生活で活用する部分が「サービスゾーン」です。この3種類のゾーンをいかにうまく配置するかが快適な居住空間には欠かせないのです。

計画の際にはいくつかのポイントがあります。まずパブリックゾーンを中心にすること。家族がコミュニケーションをとる空間ですから重要です。それからプライベードゾーンの配置。パブリックゾーンから近すぎると物音が気になる可能性がありますし、サービスゾーンから遠すぎると不便です。とくに高齢者のプライベートゾーンはサービスゾーンの近くに配置するのがポイントです。


また、プライベートゾーンの場合は日当たりも重要なポイントとなってくるでしょう。一戸建ての新築、あるいは物件探しの際には入念なゾーニングを行ったうえで具体的な希望を決めておくようにしましょう。