新築戸建てのメリットとデメリット

ホームへ戻る > 新築戸建てのメリットとデメリット

一戸建ての購入計画とゾーニング
オール電化の種類について
木造の良い所
ハウスメーカーのデザイナーズ住宅
注文住宅で3階建てを建てる

新築に関して言えば、メリットとなる事が多いのも事実です。ローンの支払いさえ終わってしまえば、自分の財産となります。またマンションのように管理組合などもありませんので、煩わしい会議などにも出席する必要はありません。そして、最新の設備を導入する事ができますので、便利で快適な生活を送る事ができます。何よりも新築に住めるということが気持ちの面でも強い部分がありますので、中古よりも新築物件の購入をまず最初は検討される方が多いようです。


しかしながら、新築にはデメリットも存在しています。たとえば、完成してみないと内装や外装がどういった感じになるのかがつかめませんので、できてからのイメージと想像していた時のイメージが異なってしまう場合もあります。また、中古物件と同じ予算でしか購入できない場合は、比較的こぢんまりとした家しか建てられない場合もあるでしょう。そして、住宅ローンの返済などが長期化しますので、ローンの利息分だけでも大きな損失となってしまうことは否めません。

このように、新築には良い点もあれば検討する余地がある点があります。良い点ばかり見ていざ住んでみてから後悔するよりも、購入する前にどんな弱点があるのか、またどういった事に注意しなくてはいけないのかをしっかりと勉強しておく事をお勧めします。勉強しているのとしていないのとでは大きな差がでてきますので、後悔しないためにもしっかりと調べるようにしましょう。