会社設立とコンサルティング

ホームへ戻る >  美容室で着付け  > 会社設立とコンサルティング

脱サラして、あるいは個人事業主から会社設立を行う際には何かとわからないことが出てくるものです。会社設立にはさまざまな手続きが必要になってきますし、資金調達も欠かせません。個人ではすべてをカバーするのは難しい場合も出てくるのです。そんな場合にはコンサルティング会社を活用する選択肢もあります。


たとえば事業計画。定款の作成など会社設立の手続きには絶対に欠かせないものですし、成立後にビジネスを円滑に進めていくためにも入念な計画が求められます。さらに融資や助成金を活用したい場合には金融機関を納得させられる事業計画の作成が求められます。コンサルティング会社に相談を持ちかければ経営ビジョンに基づいた事業計画を第三者に納得させられる形で組み立てていくことができるでしょう。とくに公的融資は選択肢が限られているだけにプロのアドバイスが重要になってきます。

税務に関するコンサルティングも重要です。法人化によって収める税金が所得税から法人税に切り替わりますし、どこまで必要経費として認められるのか、どの程度節税できるのか。余計な出費を抑えて経営をスリム化するためにもプロのアドバイスが欠かせません。またISOの認証取得のサポートなど経営を軌道に乗せるためのサービスを行っている会社もあります。


そのほか、社員の教育や研修、管理職の育成、会社内のコミュニケーションの構築など経営に欠かせない教育面のサポートもコンサルティング業に含まれています。会社設立に興味があるけれども難しそうでなかなか一歩を踏み出せない、そんな人はまずプロのアドバイスを聞いてみてはいかがでしょうか。