家を建てる際の頭金

ホームへ戻る >  歯科でインプラント?ブリッジ?  > 家を建てる際の頭金

最近では、頭金がなくても家を建てられるようなローンも登場してきているため、魅力を感じられている方も多いのではないでしょうか。確かに、貯金がなくても家を建てる事ができますから、住宅購入も夢ではなくなります。持ち家が持てるということはとても素晴らしいことですが、実際に頭金がなくても家を建てることはできるのでしょうか。


住宅ローンの融資を行っている金融機関は、物件価格の最大80%程度までの融資というものがほとんどです。ですから、家を建てる際にかかるすべての金額に対してローンを組むということは不可能ということになります。住宅を購入する時一般的に言われているのが、土地代金と物件価格、諸費用を足した総額の20%程度は頭金で用意しておくというものです。つまり、総額4000万円かかるとしたら800万円は頭金に回せるように、貯蓄なり、親からの援助を受けるなどしていくことが大切です。

頭金がなくとも、住宅ローンを融資してもらえるような場合もあるのですが、何十年とローンを返済していくことになるため後々自分たちの首を絞めかねません。また、頭金なしでローンを返済するとなると、必死になって働かなくてはいけなくなるのが現実に待っていると思えば、少しずつでも貯金をして、購入予算の20%程度が現金で用意できるようになってから、家を建てるようにすると良いでしょう。住宅を購入するには若い方がいいとも言われていますが、せっかく建てた家を手放す事にならないようしっかりと計画を立てていく必要があります。