仲介手数料の金額について

ホームへ戻る >  歯科でインプラント?ブリッジ?  > 仲介手数料の金額について

不動産物件を売買する際や、賃貸物件を借りる際に支払う必要があるケースが多い仲介手数料。比較的その金額が低い賃貸物件はまだしも、高額なマンションや戸建住宅などの場合は、いったい手数料だけでどのくらいの金額になってしまうのか、とても気になるものです。では、どの金額の不動産を売買すると、手数料はどの程度の金額になるものなのでしょうか。

仲介手数料の金額は、国土交通省告示第100号および宅地建物取引業法の第二定義において、次のように取り決められています。

200万円以下の場合・・・100分の5(5%)+5%の消費税

200万円以上・400万円以下の場合・・・100分の4(4%)+5%の消費税

400万円以上の場合・・・100分の3(3%)+5%の消費税

たとえば、5,000万円の中古戸建物件を購入した際の仲介手数料は、5,000万円×0.03×1.05という計算式で求められることになります。


特に不動産を購入する際には、購入金額が高額であるがゆえにローンを組まれる方が多いものです。引越し費用や新生活で必要なものの購入など、何かとお金が必要になるこうした時期。「とりあえず用意する現金は、手付けだけでいいか・・・」なんてのん気に構えていると、手数料の支払時に慌てることになってしまう可能性もあります。物件価格が高ければ高いほど、その支払金額が高額になる仲介手数料。いざというときに慌てないためにも、物件探しの際から手数料の金額がどの程度になるのか気にすることが大切かもしれません。