矯正中の歯磨き

ホームへ戻る >  歯科でインプラント?ブリッジ?  > 矯正中の歯磨き

歯列矯正をしている際には、歯磨きを徹底して行う必要があります。ブラケットなどを付けていると、どうしても装置が障害となってきれいに歯磨きが出来ない場合が多いからです。では、歯列矯正中の歯磨きについて考えましょう。


まず、歯磨きの習慣を徹底しましょう。朝晩はもちろん、昼も食事の後に歯磨きを習慣付けてください。どんな矯正装置を使っているにしても、口腔内を清潔に保つのは非常に重要です。マウスピースによる歯列改善や床矯正の場合は歯磨き自体に制約が生じるわけではありませんが、ワイヤーの場合はブラケットによって磨き残しが生じやすくなります。歯列改善する場合には、必ず歯科医の側でブラッシング指導が行われます。その指導をしっかり実践するようにしてください。装置の隙間が磨きにくいときには歯間ブラシやデンタルフロスを使います。せっかく歯列が整っても、それが原因で虫歯になっては元も子もないですから、頑張って歯を磨くようにしましょう。

歯磨き粉も重要な要素です。大抵、ブラッシング指導のときに歯磨き粉についても説明があります。フッ素が配合された歯磨き粉を使うと虫歯のリスクを減らすことが出来ます。装置をつけている間は医師の勧める歯磨き粉を使うのも一つの手でしょう。もちろん市販品にもフッ素配合の歯磨き粉があります。注意したいのは、市販品に含まれる研磨剤。これが入った歯磨き粉で頻繁に歯磨きすると、矯正装置の接着部分が外れる場合もあるようです。付ける場合には少量に留めてください。