歯科でインプラント?ブリッジ?

ホームへ戻る > 歯科でインプラント?ブリッジ?

矯正中の歯磨き
仲介手数料の金額について
家を建てる際の頭金
足場の安全基準
TV通販のトラブル対策です

歯科で永久歯を抜いてしまったら、その場所は歯が生えてこないので空洞になってしまいます。歯科では、抜いた歯の代わりとして、インプラントやブリッジといった治療を行います。インプラントは、歯ぐきにチタン金属などを埋めこみ、人工的に歯をとりつける方法です。ブリッジは、抜いた歯のまわりにある歯を利用して、橋を渡すようにかぶせ物をする方法です。歯科でインプラントを選ぶかブリッジを選ぶかによって、いろいろな違いが出てきます。


歯科では費用を第一に考えたいという方が多いはずです。ブリッジは保険適用内ですので、どうしてもインプラントのほうが高価になります。ただし、ブリッジの材料として保険適用内のセラミックをセレクトすれば、インプラントと変わらない値段になってしまいます。他の歯に対する負担を考えれば、インプラントを選ぶといいですね。ブリッジは、まわりの歯にも負担をかけてしまいますので、多少のダメージがあります。

すずき歯科・矯正歯科医院(大宮)のホームページ
http://www.suzuki-ortho.com/

歯科の治療で耐久性を第一に考える方も多いでしょう。しかし、耐久面で見れば、インプラントやブリッジにそれほど違いがありません。素材の違いや構造の差で、どちらが弱いということはないのです。ダメになってしまうのは、インプラントが骨からずれてしまったり、噛み合わせが悪くてブリッジがずれてしまったりするせいです。つまり、定期的にチェックをしてまめにケアしていれば、どちらの方法でも長く使うことが可能になるわけです。

大宮 矯正歯科
http://www.suzuki-ortho.com/