新築の防犯対策

ホームへ戻る > 新築の防犯対策

工務店の見積もり期間
リフォーム終了と引渡し
オール電化と太陽光発電
デザイナーズ住宅と将来設計
マンションをマイホームに選ぶメリット

新築の防犯対策新築を建てるならば、防犯対策についてもきちんと検討しておきましょう。せっかく新しい家に引っ越しても、泥棒に狙われやすいような家では安心して暮せません。住宅メーカーの担当者などとも相談をしながら、周辺の環境なども考慮に入れた防犯対策をしていくことをオススメします。とくに新築の場合は、目立ちやすいということもありますし、地域社会との連携も不足していることから不安に感じることも多くあるはずです。


まず、侵入する側の視点から考えることも大切になってきます。たとえば、人通りの少ない道に面していることや、高い塀や生垣に囲まれていて中が見えない家などは、狙われやすい家だと言えるでしょう。他にも、外灯やセンサーライトがついていないと、侵入口まで接近しやすいと考えていいはずです。そのようなケースの対策としては、新築の外にも照明を設置しておくことです。門灯や玄関灯、勝手口にもセンサーライトをつけておくことをオススメします。

また、それ以外の防犯アイテムとしては、やはりドアには補助錠をとりつけて、窓には防犯用のストッパーをしておきたいものです。侵入経路を断ってしまえば、近くまでこられても安全だからです。そして、意外に効果があるのが玉砂利です。庭に敷いておくだけで、人が歩いたときに音が出るので泥棒に嫌がられるのです。そして、新築の場合には、やはり地域住民とのコミュニケーションが大切になってきます。地域の情報交換なども含めて、連絡が取り合えるような関係を構築しておくのがいいでしょう。